『すずめの戸締まり』タイトルの意味を知りたい!由来の考察3選!

未分類

新海誠監督の最新映画となる『すずめの戸締まり』

『君の名は。』『天気の子』など、新海誠監督作品は響きの良いタイトルが多いですが、『すずめの戸締まり』もなんだか耳になじみやすい言葉ですよね。

 

『すずめの戸締まり』というタイトルに関しては、「ことわざに由来している」などさまざまな説が飛び交っているようです。

 

そこで今回の記事では、『すずめの戸締まり』というタイトルの意味と、その由来3選を考察していきます。

 

結論:タイトルの意味は『鈴芽の戸締まり』

引用:https://www.fashion-press.net/news/81951

 

結論から言うと、『すずめの戸締まり』のタイトルの意味は、そのまま『鈴芽の戸締まり』です。

 

本作では、主人公の鈴芽が、”災い”がやってくるとされる扉を閉める冒険が描かれます。

そのため、タイトルも家の戸を閉めるという意味の「戸締まり」を入れて『すずめの戸締まり』としたのでしょう。

 

劇中ではただ扉を閉めるという行為だけではなく、「行ってきます」「行ってらっしゃい」「おかえり」「ただいま」という扉をとおる際に何気なく発する声についてもフォーカスしています。

また、本作のメインテーマは「震災と正面から向き合って、それでも生きていく」ことだと考えられます。

震災で失ったものがあったとしても、また「行ってきます」と言って戸を閉め、明日に向かって生きていこう、という引き締まった気持ちも込めて、『すずめの戸締まり』というタイトルをつけたのではないでしょうか?

 

タイトルの由来3選

引用:https://realsound.jp/movie/2022/10/post-1147947.html

 

『すずめの戸締まり』のタイトルの由来として考えられるのは、以下の3つです。

 

  • 由来①:ことわざからもじっている
  • 由来②:神話が元になっている
  • 由来③:すずめと「鎮め(しずめ)」をかけた

 

それぞれの由来について、詳しく考察していきます!

 

由来①:ことわざからもじっている

『すずめの戸締まり』のタイトルの由来1つ目は、ことわざからもじっているです。

 

言葉の響きの良さからも、『すずめの戸締まり』ってなんだかことわざのようですよね。

「雀」という言葉が入った故事・ことわざといえば、「雀の涙」や「雀の糠喜び」が思いつきます。

 

しかし、『すずめの戸締まり』に関連することわざは見つからなかったため、ことわざが直接の由来ということはなさそうです。

もしかしたら、語感の良さはことわざなどを参考にしているかもしれませんね。

 

由来②:神話が元になっている

『すずめの戸締まり』のタイトルの由来2つ目は、神話が元になっているです。

 

『すずめの戸締まり』の作中には日本の神話を元にした設定が散りばめられていました。

そのため、タイトルの由来も日本の神話なのではという意見があるようです。

 

たしかに、主人公・岩戸鈴芽の名前は神話の「天の岩戸」がモチーフになっている可能性がありそうです。

天の岩戸は宮崎県にある、天照大御神が隠れたとされる伝説の舞台。

そして、鈴芽が住んでいるのも宮崎県でしたよね。

 

タイトルそのものの由来ではありませんが、鈴芽の名前は神話が由来で、そのままタイトルに使われているとも考えられます。

 

由来③:すずめと「鎮め(しずめ)」をかけた

『すずめの戸締まり』のタイトルの由来3つ目は、すずめと「鎮め(しずめ)」をかけたです。

 

『すずめの戸締まり』は「震災への鎮魂」をテーマとした物語でした。

そのため、「鎮め(しずめ)」という言葉の響きから着想を得て「すずめ」という名前が誕生したという説があるようです。

 

しかし、この説は後付けということがわかっています。

新海誠監督へのインタビューの中で「「すずめ」は「しずめ(鎮める)」からですか?」との質問があり、それに対し新海監督が「いいですね!」と答えたのが由来になっているようです。

偶然とはいえ、物語のテーマと主人公の名前の響きがうまくかかっているのが面白いですよね。

 

『すずめの戸締まり』タイトルの意味を知りたい!由来の考察3選!まとめ

引用:https://febri.jp/topics/shinkaimakotonosekai5/

 

以上、今回は、「『すずめの戸締まり』タイトルの意味を知りたい!由来の考察3選!」というテーマでまとめました。

 

結論から言うと、タイトルの意味は「鈴芽が扉を閉めていく」ことを『すずめの戸締まり』と表したとわかりました。

 

そして、今回の記事で考察したタイトルの由来は3つです。

 

  • 由来①:ことわざからもじっている
  • 由来②:神話が元になっている
  • 由来③:すずめと「鎮め(しずめ)」をかけた

 

残念ながらタイトルの直接の由来は不明ですが、独創性のあるタイトルであることから、観る人によってさまざまな解釈ができるのが面白い点ですよね。

『すずめの戸締まり』を観て、タイトルが物語とどう関わってくるのか考察してください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました