映画『それがいる森』の”それ”が宇宙人って本当?”それ”の正体をリサーチ!

未分類

ホラー映画『それがいる森』といえば、鑑賞後に”それ”の正体を知って戸惑った人が続出しているそうです。
こちらの記事では、映画『それがいる森』の”それ”の正体をリサーチしていきます。
映画をみていない方はネタバレにご注意ください。

 

映画『それがいる森』の”それ”は宇宙人なの?

引用元:https://pixabay.com/

9月30日に映画が公開されていろいろな意味で話題となっている『それがいる森』
予告映像の段階だと”それ”の正体が全くわからず、期待が高まった人も多かったはずです。
その影響か、”その”正体を知って思ってたのと違うと感じた人が多かったようですね。

早速ネタバレになりますが、”それ”の正体は宇宙人です。

都市伝説でいうとビッグフットやヒバゴンのようなUMAと呼ばれる未確認生物もいますが、本作に出てくるのはものすごい速さで動けて、口の中もグロいです(笑)
リトルグレーかエイリアンかジャンルはわかりませんが、宇宙人で間違いないようです。

 

エンドロールの映像は本物?

引用元:https://www.instagram.com/

エンドロールでは、実在する森に本当に宇宙人がいるのではないか?と思わせる映像が流れます。
そのため、映画をみた人の中には、ストーリーはフィクションでもエンドロールは現実?と思った方もいらっしゃいます。

また、映画の中に出てくる天源森は福島県にある「千貫森(せんがんもり)」がモデルと言われていて、「千貫森」はUFOの里と呼ばれているくらいUFO(未確認飛行物体)の目撃情報が多いことで知られているため、現実だと錯覚する方も多かったようです。

こちらは「本当にいる証明として、写真や動画を使う」ことでリアリティを表現したそうで、専門家に同行してもらい、写真や動画を実際に撮影しに行ったと制作プロデューサーが明かしています。映像に手を加えているかまでは触れていないため、真相はわからないのですが、本物だったらわくわくしますね!

仮にエンドロールの映像が本物だったとき、実在する森が怖いと感じた方もいると思いますが、実際の福島県にある「千貫森(せんがんもり)」は怖い場所ではなく、かわいいUFOのモニュメントがあるような場所ですのでご安心ください。

 

映画『それがいる森』の”それ”が宇宙人って本当?”それ”の正体をリサーチ!まとめ

いかがでしたでしょうか。  
本文をまとめますとこのようになります。 

”それ”の正体は、動きの速さと見た目から宇宙人で間違いない

・エンドロールの映像は本物かどうか判断が難しいが、実在する森のモデル「千貫森(せんがんもり)」はUFOの目撃情報が多いことで有名な人気スポット

それでは、記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました! 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました