映画『天使にラブソングを…』出演キャストの現在は?最近の活動もあわせて紹介!

未分類

1992年公開の音楽コメディ映画『天使にラブソングを…』
癖が強い個性派の出演キャストの現在の姿が気になった方もいらっしゃいますよね。
こちらの記事では、出演キャストの現在の姿と最近の活動も合わせて紹介します。

 

『天使にラブソングを…』作品紹介

 

引用元:https://www.disney.co.jp/

1992年公開の修道院を舞台にした音楽コメディ『天使にラブソングを…』
監督は『ダーティ・ダンシング』で知られるエミール・アルドリーノ、脚本は『くたばれハムレット』が代表作品の劇作家ポール・ラドニック。
エミー賞、グラミー賞、アカデミー賞、トニー賞、4賞の受賞経験がある有名プロデューサースコット・ルーディンが製作総指揮を務めた。

殺人事件を目撃してしまい、修道院で身をひそめることになった売れないクラブ歌手のデロリス(ウーピー・ゴールドバーグ)。
もともとが破天荒な性格で修道女とは程遠いデロリスは、修道院長を困らせながらも聖歌にゴスペル調を取り入れたのが街中の評判となり、ふたたび身を危険にさらすことに…。
映画の中でゴスペル調にアレンジされた「I Will Follow Him」を歌うキャストのパフォーマンスにしびれる作品。

 

デロリス役:ウーピー・ゴールドバーグ

引用元:http://77hikoboshi.blog111.fc2.com/

引用元:https://www.instagram.com/

『天使にラブソングを…』では、売れないクラブ歌手で型破りなシスター役を演じたウーピー・ゴールドバーグ。
『ゴースト/ニューヨークの幻』でアカデミー助演女優賞を受賞し、『天使にラブソングを…』の大ヒットでスターの座へ駆け上がりました。
その後、アカデミー授賞式の司会を何度も務め、いったん女優業を引退していた時期もありましたが、現在も女優業を続けながら、トーク番組『ザ・ビュー』の司会をしています。
2022年1月、司会を務めている『ザ・ビュー』で人種差別発言をして2週間の出演停止処分を受けたニュースは世界中で話題となりました。

 

修道院長役:マギー・スミス

引用元:https://www.machikado-creative.jp/

引用元:https://twitter.com/

『天使にラブソングを…』では、規律に厳しい修道院長役を演じたマギー・スミス。
大ヒット映画『ハリー・ポッターシリーズ』ミネルバ・マクゴナガル役や、イギリスの大ヒットドラマ『ダウントン・アビー』のバイオレット・クローリー役など、目覚ましい活躍を見せている女優さんです。
80歳を過ぎた現在も大活躍で、2022年9月30日に公開が予定されている『ダウントン・アビー/新たなる時代へ』にも出演しています。

downton-abbey-movie.jp - このウェブサイトは販売用です! - downton abbey movie リソースおよび情報
このウェブサイトは販売用です! downton-abbey-movie.jp は、あなたがお探しの情報の全ての最新かつ最適なソースです。一般トピックからここから検索できる内容は、downton-abbey-movie.jpが全てとなります。あなたがお探しの内容が見つかることを願っています!

メアリー・パトリック役:キャシー・ナジミー

引用元:https://eiga-pop.com/

引用元:https://twitter.com/

『天使にラブソングを…』では、明るくムードメーカーなシスター役を演じたキャシー・ナジミー。
本作で一躍有名となったキャシーは、サラ・ジェシカ・パーカーと一緒に魔女を演じた『ホーカス・ポーカス』、ゴールドバーグやローワン・アトキンソンらと共演したコメディ『ラットレース』などに出演してコメディ色の強い演技で活躍しました。
ほかには、アニー賞を受賞したテレビアニメ『キング・オブ・ザ・ヒル』や『WALL・E ウォーリー』などで声優にも挑戦しています。
また、2022年9月30日からDisney+(ディズニープラス)で独占配信される『ホーカス・ポーカス2』にも出演中で、キャシー・ナジミーとサラ・ジェシカ・パーカーの共演に注目です。

ホーカスポーカス 2 | Disney+(ディズニープラス)
1993年にカルト的人気を博した大ヒット作の続編。底抜けに明るくいたずら好きなサンダーソン姉妹が蘇る。

メアリー・ロバート役:ウェンディ・マッケナ

引用元:https://soul-ark.com/

 

引用元:https://www.instagram.com/

『天使にラブソングを…』では、内気な最年少シスターを演じたウェンディ・マッケナ。
監督のイメージに合わず、本作では歌唱シーンが吹替えになったウェンディ。
しかし、続編『天使にラブ・ソングを2』のエンディングテーマでは聴くことができます。
その後、テレビ映画『アーミー・エンジェル』や舞台で活躍したほか、近年では大ヒットテレビドラマ『デスパレートな妻たち』にゲスト出演して話題となりました。
最近ではRubysRocketsという体に優しい冷凍フルーツと野菜のアイスキャンディーを販売している会社の創設者として活躍されています。

https://www.rubyrockets.com/pages/about-us

 

ヴィンス・ラ・ロッカ役:ハーヴェイ・カイテル

引用元:https://www.reviewanrose.tokyo/

引用元:https://moviewalker.jp/

『天使にラブソングを…』では、デロリスを追うマフィアのボス役を演じたハーヴェイ・カイテル 。
以前から『バグジー』でアカデミー助演男優賞のノミネートや『レザボア・ドッグス』ではプロデューサーと出演を務めるなど、実力派俳優として活躍していた俳優さんです。
近年では『グランド・ブダペスト・ホテル』や『アイリッシュマン』など、話題作品にも出演し、80歳を過ぎた現在でも現役で活躍しています。
最近は、2022年2月公開『ギャング・オブ・アメリカ』で主演も務めています。

https://gang-of-america.com/

 

映画『天使にラブソングを…』出演キャストの現在は?最近の活動もあわせて紹介!まとめ

引用元:https://dtimes.jp/

いかがでしたでしょうか。  
本文をまとめますとこのようになります。 

・デロリス役のウーピー・ゴールドバーグは女優業と司会で活躍しているが、2022年1月に司会を務めるトーク番組『ザ・ビュー』で人種差別発言をして2週間の出演停止処分を受ける

・修道院長役のマギー・スミスは『ハリー・ポッターシリーズ』や『ダウントン・アビー』で大活躍で、2022年9月30日から新シリーズ『ダウントン・アビー/新たなる時代へ』にも出演中

メアリー・パトリック役のキャシー・ナジミーは女優や声優で活躍中で、2022年9月30日からDisney+(ディズニープラス)で独占配信される『ホーカス・ポーカス2』に出演中

メアリー・ロバート役のウェンディ・マッケナは女優や舞台で活躍後、現在は実業家として活躍

ヴィンス・ラ・ロッカ役のハーヴェイ・カイテルは、実力派俳優として80歳を過ぎた現在でも大活躍で、主演として『ギャング・オブ・アメリカ』に出演中

それでは、記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました