難解映画「インセプション」監督クリストファー・ノーランの人気の作品を紹介!

未分類

インセプションやインターステラーなどで知られるクリストファー・ノーラン監督。

難解映画=ノーラン監督のイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。

今回はそんなクリストファー・ノーラン監督の人気の作品をいくつか紹介します。

それでは、どのような作品があるのかぜひチェックしてくださいね!

 

ノーラン監督が注目されるきっかけとなった「メメント」

引用元:https://www.amazon.co.jp/

クリストファー・ノーラン監督=難解映画の原点となる作品「メメント」

話自体は記憶障害の男性が自分の妻を殺害した犯人を探すシンプルなストーリーにもかかわらず、時間軸がずれていることで複雑で難解な構成となっています。

一度見ただけでは理解できない複雑さはまさにスルメ映画。

見れば見るほど難解の魅力にハマること間違いなし。

 

ノーラン監督のこだわりが詰まった超大作「インセプション」

引用元:https://www.amazon.co.jp/

「インセプション」と言えば、クリストファー・ノーラン監督が長い年月をかけてつくったSF超大作というだけあって、いくつもの夢の世界が重なった複雑で難解を極めた作品です。

「メメント」でノーラン監督の魅力にハマった人は、「インセプション」の完璧につくりこまれた作品を前に震えあがった人も多いのではないでしょうか。

夢か現実か、映画を見終わったあとの議論も欠かせない作品。

 

ヒーロー映画の枠にとらわれない「ダークナイト」

引用元:https://www.amazon.co.jp/

迫力のある映像とダークな世界観が魅力のバットマンシーリーズ「ダークナイト」

正義と悪を問う心理描写はキャラクターの個性を際立たせ、ストーリーに引き込まれる作品です。

クリストファー・ノーラン監督がつくりだす新しいヒーロー像や、悪役のジョーカーを演じた故ヒースレジャーの演技にも注目。

 

伏線回収の構成がまるでマジック「プレステージ」

引用元:https://www.amazon.co.jp/

「プレステージ」は人気小説が原作のマジックをテーマとしたヒューマンストーリー。

映画ラストの伏線回収の展開は、まるでマジックの種明かしをみているような気分になる作品。

ですが、マジックと言いつつも科学やファンタジーの要素も入った、クリストファー・ノーラン監督の中では比較的見やすい作品です。

「インセプション」のような難解映画を期待する人には味変感覚で見るのがオススメ。

 

難解映画「インセプション」監督クリストファー・ノーランの人気の作品を紹介!まとめ

 

いかがでしたでしょうか。
本文をまとめますとこのようになります。 

難解映画「インセプション」監督クリストファー・ノーランの人気の作品は、

・メメント

・インセプション

・ダークナイト

・プレステージ

まだクリストファー・ノーラン監督の作品を見たことない方は、ぜひチェックしてみてくださいね。
それでは、記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました! 

コメント

タイトルとURLをコピーしました