ネタバレ注意!ドキュメンタリー『今、父を殺しました ーある虐待少年の叫びー』事件の真相をリサーチ!

未分類

Netflixで配信中の話題のドキュメンタリー『今、父を殺しました ーある虐待少年の叫びー』

アメリカで実際に起こった父親殺人事件の加害者少年に焦点を当てた作品ですが、

「結局はどんな事件だったの?」

と思った方もいらっしゃいますよね。

こちらの記事では、ドキュメンタリー『今、父を殺しました ーある虐待少年の叫びー』の事件の真相をリサーチします。

ネタバレもありますので、見ていない方はご注意ください。

 

Netflixで配信中『今、父を殺しました ーある虐待少年の叫びー』事件の真相(ネタバレあり)

2019年6月3日、米ルイジアナ州バトンルージュに住む当時17歳の少年アンソニー・テンプレットが父親のバート・テンプレットを射殺する事件が起こります。

アンソニーは父親を射殺後に、自ら警察に通報して現行犯逮捕されました。

警察に連行されたあとも冷静に事件を語り、無感情なアンソニーに周りは違和感を持ちます。

事件はアンソニーと父親の2人しかいない家で起こったため、事件の真相を知るのはアンソニーだけ。

アンソニーの第一印象からは、正当防衛を認めるのは難しい状況でした。

しかし、捜査が進むにつれて徐々に発覚するアンソニーの壮絶な過去。

父親から異常な監視下のもと隔離生活を強制される支配や、日常的に暴力を振るわれる虐待を受けていたのです。

アンソニーが無感情だったのは、長年に渡る父親からの虐待によるものだったのです。

ところが、この事件はさらに衝撃的な出来事が裏に隠れていました。

それは、父親バートはアンソニーの実母との離婚トラブルから、”実の息子を誘拐する”という暴挙に出ていたのです。

そこからアンソニーは学校にも病院にも通わせてもらえず、父親から監視カメラやGPSによる異常な監視生活が始まりました。

虐待は年々ひどくなり、アンソニーは次第にいつか父親から殺されると思い、日に日に精神的に追い込まれていきます。

事件当日も、父親から激しい暴力にあったアンソニー。

「このままだと殺される」とたまたま逃げ込んだ部屋。そこに銃があることをアンソニーは知っていました。

ドアをたたき割ろうとする父親から逃げる手段は父親に銃を向けることだったのです。

とっさに3発発砲し、父親が倒れた隙に警察に通報したのが事件の真相です。

裁判では父親からの虐待が認められ、殺人罪ではなく、正当防衛で5年の保護観察つきの過失致死傷罪の判決が下りました。

アンソニーの刑は軽くなり、収監されずに済んだのです。

アンソニーの犯行は決して許されるべきものではありませんが、たった17歳の青年が殺すか殺されるかまで追い込まれてしまった背景は見過ごしてはいけません。

ドキュメンタリーでアンソニーのインタビューをぜひご覧ください。

 

ネタバレ注意!ドキュメンタリー『今、父を殺しました ーある虐待少年の叫びー』事件の真相をリサーチ!まとめ

いかがでしたでしょうか。  
本文をまとめますとこのようになります。 


2019年6月3日に起こった、米ルイジアナ州バトンルージュに住む当時17歳の少年アンソニー・テンプレットが父親のバート・テンプレットを射殺する事件は、父親の虐待が原因だった

・裁判で父親がアンソニーに虐待していたことが認められ、刑が軽くなり収監されずに済んだ

 

それでは、記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました! 

コメント

タイトルとURLをコピーしました