Netflixで配信中の実話をもとにしたドキュメンタリー『今、父を殺しました ーある虐待少年の叫びー』見どころを紹介!

未分類

Netflixで配信している『今、父を殺しました ーある虐待少年の叫びー』はご存じでしょうか?

実際にアメリカで起こった父親殺人事件の加害者少年に焦点を当てたドキュメンタリーです。

タイトルから衝撃すぎて「これが実話って本当なの?」

と思った方もいらっしゃいますよね。

こちらの記事では、実話をもとにしたドキュメンタリー『今、父を殺しましたーある虐待少年の叫びー』がどのような作品か見どころを紹介します。

 

実話をもとにしたドキュメンタリー『今、父を殺しました ーある虐待少年の叫びー』作品紹介



2022年8月9日からNetflixで配信している実話をもとに制作された『今、父を殺しました ーある虐待少年の叫びー』

米ルイジアナ州バトンルージュで実際に起こった父親殺人事件の加害者少年に焦点を当てたドキュメンタリーです。

2019年6月3日、アンソニー・テンプレットという17歳の少年が、父親のバート・テンプレットを射殺する痛ましい事件が起こったのですが、警察の捜査や裁判で加害者少年の壮絶な過去が明るみに出ました。

加害者少年には殺意があったのか?

事件関係者の証言や裁判のゆくえなど、アンソニー本人のインタビューを交えながら事件の真相に迫る作品です。

 

『今、父を殺しました ーある虐待少年の叫びー』の見どころ

本作の加害者少年アンソニー・テンプレットは、見た目は普通の物静かな少年。

父親を射殺したあと、自ら警察に通報をする冷静さがあったため、はじめは正当防衛の可能性は低いと思われていました。

しかし、捜査が進むにつれて、アンソニーが父親から支配され、異常な監視下のもと隔離生活を強制される虐待を日常的にうけていたことがわかってきました。

なぜ、父親は実の息子を支配し、監視下に置いていたのか?

これには、”アンソニーの実母と父親との離婚トラブル”という複雑な問題が関係していたのです。

このトラブルは父親の暴走を招き、この暴走はアンソニーの裁判の判決にも影響します。

明らかになっていく真実とアンソニーの裁判のゆくえは見どころです。

 

Netflixで配信中の実話をもとにしたドキュメンタリー『今、父を殺しました ーある虐待少年の叫びー』見どころを紹介!まとめ

いかがでしたでしょうか。  
本文をまとめますとこのようになります。 


・Netflixで配信中の
実話をもとにした『今、父を殺しました ーある虐待少年の叫びー』は、米ルイジアナ州バトンルージュで実際に起こった父親殺人事件の加害者少年に焦点を当てたドキュメンタリー

捜査が進むにつれて明るみに出る真実”アンソニーの実母と父親との離婚トラブル”が、裁判の判決にどう影響するのか見どころ

 

それでは、記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました! 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました