Netflixで配信中の『今、父を殺しました 』加害者少年アンソニー・テンプレットの現在は?

未分類

Netflixで配信中のドキュメンタリー『今、父を殺しました ーある虐待少年の叫びー』といえば、気になるのが加害者少年の現在。

こちらの記事では、ドキュメンタリー『今、父を殺しました ーある虐待少年の叫びー』の加害者少年アンソニー・テンプレットの現在をリサーチします。

ネタバレもありますので、見ていない方はご注意ください。

 

『今、父を殺しました ーある虐待少年の叫びー』はどんな作品?

Netflixで配信中の話題作品『今、父を殺しました ーある虐待少年の叫びー』

2019年6月3日、米ルイジアナ州バトンルージュで実際に起こった父親殺人事件の加害者少年に焦点を当てたドキュメンタリーです。

アンソニー・テンプレットという17歳の少年が、父親のバート・テンプレットを射殺する痛ましい事件は、捜査が進むにつれて少年の壮絶な過去が発覚。

事件関係者の証言や裁判で明るみに出たのは家庭の虐待問題でした。

本作は、アンソニー本人のインタビューを交えながら事件の真相に迫る作品です。

 

アンソニー・ テンプレットの現在は?

ドキュメンタリーのネタバレも含みますので、見ていない方はご注意ください。

本作の主人公で、加害者少年のアンソニー・テンプレットは、父親から壮絶な虐待を受けていました。

異常な監視下のもと隔離生活を強制され、病院だけでなく、学校にも通わせてもらえない孤立した生活を送っていました。

精神的な虐待だけにとどまらず、もともと暴力的な一面があったアンソニーの父親は、アンソニーへの支配が日に日にひどくなっていき、逆らうアンソニーに対して身体的暴力で支配するようになっていきます。

「このままだといつか父親から殺される」

と思っていた矢先、事件が起こってしまいます。

事件当日も父親からひどい暴力を受けたアンソニーは、たまたま逃げ込んだ部屋で銃をみつけました。

ドアを壊して押し入ろうとする父親に対して、アンソニーは扉を開けた途端に3発、父親にめがけて発砲したのです。

アンソニーは父親を射殺後に自ら警察に通報をして、現行犯逮捕されました。

本来ならアンソニーは第二級殺人で収監される予定でした。

しかし、捜査や裁判で父親からの壮絶な虐待が明るみに出ると、正当防衛が認められ、過失致死傷罪の判決が下りました。

5年の保護観察はつきましたが、収監されずに済んだのです。

アメリカで制作されたアンソニー・テンプレットに焦点をあてたドキュメンタリーは、Netflixで配信されると瞬く間に大反響を呼びました。

今までまともな教育を受けてこられなかったアンソニーに対して、GoFundMeという支援プロジェクトも発足されました。

現在のアンソニー・テンプレットは、たくさんの人たちの支援を受けながら安定した生活を送っているそうです。

このままアンソニーが平穏な日々を送れることを切に願います。

https://twitter.com/CmakYou/status/1557539452452470786?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1557539452452470786%7Ctwgr%5E669bee60e51cc60ac77678710dca539070f3d830%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fnews.nifty.com%2Farticle%2Fitem%2Fneta%2F12259-1805887%2F

Netflixで配信中の『今、父を殺しました 』加害者少年アンソニー・テンプレットの現在は?まとめ

いかがでしたでしょうか。  
本文をまとめますとこのようになります。 


捜査や裁判で父親からの壮絶な虐待が明るみに出ると、正当防衛が認められ、過失致死傷罪の判決が下り、5年の保護観察はついたがアンソニーは収監されずに済んだ


現在のアンソニー・テンプレットは、たくさんの人たちの支援を受けながら安定した生活を送っている

 

それでは、記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました! 

コメント

タイトルとURLをコピーしました