『ハウス・オブ・グッチ』キャストで一番のハマり役は誰?あのイケメン俳優がまさかの別人姿に!

豪華なキャスト陣で話題を呼んでいる『ハウス・オブ・グッチ』。華麗なるグッチ一族が富と名声を巡って争ったように、個性豊かなキャスト陣の「競演」から目が離せません。

それぞれの怪演ぶりが光る『ハウス・オブ・グッチ』の中でも、役にハマりきっていたキャストを紹介します。中にはその変貌ぶりから共演者にも本人と気付いてもらえなかったキャストもいたとか。気になる撮影の裏話もまとめました。

 

悪女になりきったレディー・ガガの隠れた努力

引用:https://antenna.jp/articles/14928453

『ハウス・オブ・グッチ』で一番の怪演ぶりを見せてくれたのはレディー・ガガでしょう。彼女はグッチ一族の没落と悲劇の引き金を引いた女性、パトリツィア・レッジャーニを演じました。

ガガの演じたパトリツィアの特徴といえば、セクシーな体型と強烈なイタリア訛りの英語ですよね。

ガガはパトリツィアになりきるために体重を増やしただけでなく、約9ヶ月もかけてイタリア英語の猛特訓をしたとか。新たな音楽のジャンルを学ぶようにアクセントの勉強をしたと語るガガ。新たな境地を開拓した彼女の演技は必見です。

 

役になりきりすぎて完全燃焼したアダム・ドライバー

引用:https://nypost.com/2022/01/13/why-adam-driver-couldnt-wait-to-be-done-with-house-of-gucci/

『スター・ウォーズ』シリーズのカイロ・レン役で人気を集めた俳優アダム・ドライバー。彼は『ハウス・オブ・グッチ』の役作りで完全燃焼した結果、打ち上げパーティーにすら参加しなかったとか。

グッチ一族の子息マウリツィオを演じたアダムは本作について、「1日に14時間もグッチでいるといつ終わってもいいと思った」と語っています。マウリツィオの生き方と向き合い抜いて役作りをした結果、完全に役から抜け出して家に帰りたいからと打ち合げパーティーの参加も断ったそうです。

それだけの熱量で役と向き合った彼の熱演もぜひ堪能してください。

 

変貌しすぎて共演者にも気付いてもらえなかったイケメン俳優とは?

引用:https://www.gqjapan.jp/culture/article/20220112-house-of-gucci-leto

『ハウス・オブ・グッチ』にイケメン俳優のジャレッド・レトも出演しているのですが、どの役を演じていたか気付かなかった方もいるのでは?

彼が演じていたのはパオロ・グッチ。禿頭でたるんだお腹が特徴的なマウリツィオのいとこ役だったのです。特殊メイクを利用して変貌したジャレットの姿は、そうと言われなければ彼がジャレット・レトだと気が付かないほど。

あまりの変貌ぶりに、父親アルド・グッチを演じたアル・パチーノですらジャレッドだと分からず、現場に迷いこんだ「ヤバい一般人」と勘違いしたとか。

『ハウス・オブ・グッチ』の中で一番役にハマりきっていたのはジャレットだと言えるでしょう。

 

『ハウス・オブ・グッチ』キャスト陣は誰もがハマり役!その怪演ぶりは必見!

引用:https://cinefil.tokyo/_ct/17495064

『ハウス・オブ・グッチ』のキャスト陣について、撮影裏話とともに彼らの魅力を紹介しました。

ブラック・コメディとしても楽しめる本作は、キャストの大袈裟な演技や怪演ぶりが見どころでもあります。それぞれの努力のもと作り上げられたグッチ一族のキャラクターたち。彼らがどんな結末を迎えるのか、キャストの演技にも注目しながら鑑賞してください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました