『大河への道』あらすじ紹介!教科書ではわからない日本の美しさとは?Twitterでの評価は?

未分類

立川志の輔の落語を原作に制作された映画『大河への道』

伊能忠敬が完成させたとされる日本地図制作の裏側に迫るというあらすじで、令和の現代劇と江戸の時代劇の2つの構成で展開していくのが見どころです。

また、キャストが全員一人二役を演じていることでも話題を呼びました。

 

そんな『大河への道』のあらすじをまとめてみたので、これから作品を鑑賞したいという方はぜひチェックしてください。

また、『大河への道』が教えてくれる日本の美しさや、『大河への道』に対するTwitter上でのみんなの評価も紹介します。

 

あらすじ

引用:https://www.yomiuri.co.jp/column/japanesehistory/20220523-OYT8T50062/

 

時は令和。

千葉県香取市役所では「町おこし」のために大河ドラマの開発プロジェクトが立ち上がる。

大河ドラマの主人公となるのは、香取市の郷土の偉人であり、初めて日本地図を完成させた伊能忠敬。

だが、いざ脚本作りが始まると、「伊能忠敬は地図を完成させていなかった」という驚愕の事実が発覚してしまう。

では一体誰が初の日本地図を完成させたのだろうか。

 

時が変わって江戸時代。

伊能忠敬は日本地図の完成を目前にして息を引き取った。

忠敬の弟子たちは師匠の死に打ちひしがれるが、ある人物が忠敬の志を継いで地図を完成させることを決意する。

ここから忠敬の弟子たちによる一世一代の隠密作戦が始まるのだ。

 

教科書では語られることのなかった「名もなき者」たちの物語が、今、明かされる。

 

『大河への道』が教えてくれる日本の美しさ

引用:https://otocoto.jp/column/taigahenomichi0520/

 

『大河への道』からは、歴史的な偉業の裏側で途方もない努力を重ねてきた人々の生き様の美しさを感じ取ることができます。

 

本作では、伊能忠敬を失った臣下たちが、忠敬ができなかった地域の測量に挑み、その数値を地道に地図に落とし込んでいく様子が丁寧に描かれているのです。

その描写からは、日本地図完成という偉業がどれほど途方もないことだったのかという重みが伝わってきます。

 

完成した日本地図を見た11代将軍・徳川家斉は、「余の国は、かようなかたちをしておったか、美しいのう」という言葉を発しました。

『大河への道』はまさに、日本の美しさを再認識できる映画でもあるのです。

 

Twitterでのみんなの評価

引用:https://www.moviecollection.jp/news/143724/

 

『大河への道』を観るか迷っている方は、作品への評価が気になりますよね。

Twitterでのみんなの評価を調べたところ、日本地図そして日本の美しさに気付かされた歴史を作った名もなき者たちの姿に心打たれた、といった良い評価がたくさんありました。

 

 

また、物語だけでなく、一人二役を演じたキャスト陣の演技も高評価を得ているようです。

落語が原作のため、コミカルで笑えるシーンも多くて観やすい作品だったといった声もありました。

 

https://twitter.com/himuchi6990/status/1541819097121378304?ref_src=twsrc%5Etfw

 

『大河への道』あらすじ紹介!教科書ではわからない日本の美しさとは?Twitterでの評価は?まとめ

引用:https://movies.shochiku.co.jp/taiga/

 

以上、今回は『大河への道』のあらすじを紹介しました。

『大河への道』は、令和と江戸の2つの時代の物語をとおして、日本の美しさを再認識させてくれる作品であることがお分かりいただけたでしょうか?

 

Twitterでの評価も調べたところ、「感動した」という高評価の声が多く、歴史を作った名もなき者たちの姿に心打たれた方が多いようです。

 

『大河への道』は、キャストが一人二役を演じていることや、コミカルなシーンがあって観やすいことも魅力。

あらすじを読んで気になった方は、ぜひ『大河への道』を鑑賞してくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました