映画『マイ・ブロークン・マリコ』は泣ける?ラストは切ない?あらすじから見どころまで解説!

旬の女優である永野芽郁と奈緒が共演したことで話題の映画『マイ・ブロークン・マリコ』

数々の賞に輝いた平庫ワカの同名コミックを映画化した作品です。

とにかく泣ける!疾走感がある!という噂がありますが、実際どんなストーリーなのか気になる方もいるのでは?

この記事では、『マイ・ブロークン・マリコ』は泣けるのか、気になるあらすじと見どころを解説します。

見終わった後にどんな気持ちになるのか、ラストの展開についても触れていきますよ。

 

あらすじ

引用:https://www.cinemacafe.net/article/2022/09/01/80614.html

ブラック企業で働くOL・シイノトモヨ(永野芽郁)は気の晴れない日々を送っている。

そんなある日、トモヨは親友・イカガワマリコ(奈緒)が亡くなったことを知ってしまう。

実の父親から暴力を受け続けていたマリコ。そんな彼女の魂を救いたいと、トモヨはマリコの遺骨を父親から強奪。

マリコの遺骨を連れて、生前マリコが行ってみたいと言っていた「まりがおか岬」へ向かう旅に出る。

電車とバスを乗り継いで目的地にたどり着いたトモヨだったが、ひったくりに鞄を盗まれてしまう。そんなトモヨに救いの手を差し伸べたのは、謎の男性・マキオだった。

あんたがいない世界で、どうやって生きようか──。たったひとりの親友を失ったトモヨが行き着く先は一体どこなのだろうか?

 

『マイ・ブロークン・マリコ』は泣けるの?

引用:https://mantan-web.jp/article/20220923dog00m200050000c.html

結論から言うと、『マイ・ブロークン・マリコ』は泣けます

遺骨になった親友と旅するという一風変わったロード・ムービーの本作。

大切な親友を失ったトモコの苦しみが丁寧に描かれており、見ていてとにかく感情が揺さぶられます

一見がさつなトモコの中にある、マリコへの友情を超えた想いが垣間見えた瞬間、号泣必須。

また、登場キャラクターの背景を語りすぎない作風は観客の想像をかきたて、かえってキャラクターに深く感情移入しやすくなっています。

そのため、キャラクターたちの言動に胸を締めつけられて思わず涙がこぼれてしまうのです。

 

ネタバレ!ラストはどんな気分になる?

引用:https://happinet-phantom.com/mariko/

『マイ・ブロークン・マリコ』は、全体的に重く暗い作品です。

しかし、ラストには不思議と前向きな気分になりますよ!

物語のクライマックスで、トモヨは自らも海に飛び込んで命を絶とうとしますが、そんな彼女をマキオが制します。

マキオはトモヨに対し、「生きている人の思い出に死んだ人が生き続けるとしたら、トモヨが死ねばマリコも永遠に消えてしまう」と語るのです。

その後トモヨは旅を終え、日常へと戻っていきました。

トモヨは大切な親友を失っているためハッピーエンドとは言えませんが、ラストには観客も「どうしようもなくマリコが好きだったトモヨ」に共感できてしまうはず。

そしてトモヨがそうしたように、現実を受け止めて前に進もうという気持ちにさせられるのです。

 

ここに注目!『マイ・ブロークン・マリコ』の見どころ

 

『マイ・ブロークン・マリコ』の見どころはストーリーだけではありません。

本作を見る上で注目してほしいポイントをまとめました。

  • 再共演を果たした永野芽郁と奈緒の熱演
  • The ピーズの疾走感あふれる楽曲

本作でトモヨとマリコを演じた、永野芽郁さんと奈緒さん。2人はNHKの連続テレビ小説『半分、青い』でも親友同士の役で共演しています。

泥臭いトモヨ役を見事に演じきった永野芽郁さんと、どんなキャラクターも変幻自在に演じ分ける奈緒さん。2人の演技力こそ本作最大の魅力と言えます。

そして作中に流れる印象的な楽曲にも注目してください。

楽曲提供しているのは、80年代に結成された伝説的バンド・The ピーズ。

『生きのばし』をはじめとしたThe ピーズの疾走感あふれる楽曲が、本作の物語をより印象的に仕上げています。

 

『マイ・ブロークン・マリコ』は泣ける女の友情物語

引用:https://www.cinemacafe.net/article/2022/08/21/80423.html

『マイ・ブロークン・マリコ』は心揺さぶられる女の友情物語で、泣けること間違いなしということがわかりました。

全体的にシリアスな物語ではありますが、最後には前を向ける展開が待ち受けており、爽快感さえ覚えます

またストーリーだけでなく、キャストたちの熱演The ピーズの印象的な楽曲も注目ポイント。

『マイ・ブロークン・マリコ』は、ひと味違うロード・ムービーを見て泣きたいという方におすすめの作品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました