ミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』の見どころとは?印象的なパフォーマンスシーンを5つ紹介!

未分類

ミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』といえば、映画『ラ・ラ・ランド』の製作スタッフが音楽を担当しているため、魅力的な劇中歌で表現するパフォーマンスシーンも見どころの一つです。
こちらの記事では、『グレイテスト・ショーマン』の見どころの印象的なパフォーマンスシーンを5つ紹介します。

 

バーナムとフィリップの駆け引きが熱いシーン「The Other Side」

引用元:https://mimoza.hatenadiary.jp/

裕福な家庭に育ち、上流階級とのコネクションがある劇作家のフィリップ・カーライル(ザック・エフロン)をビジネスパートナーにしたいと考えていたP・T・バーナム(ヒュー・ジャックマン)。
バーのテーブルに上がって必死にフィリップに交渉をするバーナムですが、かっこいいビートに乗せた2人の駆け引きの姿が熱いシーンです。
フィリップを演じたザック・エフロンは、ハイスクール・ミュージカルで歌の実力は知っていましたが、やっぱり久しぶりに聴いたザックの歌声はすてきです。

 

サーカス団メンバーの力強いメッセージに胸を打たれるシーン「This Is Me」

 

ビクトリア女王謁見後のパーティーでサーカス団のメンバーを隠そうとするバーナムに対して、感情が爆発した団員たち。
さまざまな個性を持った団員たちは、これまで人目を避けて隠れるように生きてきた人たちです。「This Is Me」”これが私”という力強いメッセージと魂のこもった全力のパフォーマンスが心に響く胸アツなシーンです。
ヒゲ女のレティ役を演じたキアラ・セトルは、映画の製作前のワークショップでも「This Is Me」を歌って役に大抜てきされました。

 

チャリティやアンの女心が切ないジェニー・リンドの歌唱シーン「Never Enough」

 

オペラ歌手のジェニー・リンド(レベッカ・ファーガソン)の容姿と歌声の美しさにうっとりしてしまう「Never Enough」
バーナムもジェニー・リンドの歌声に魅了された1人です。シーンを見ていると、バーナムのまなざしからジェニー・リンドの歌声に聞きほれているのが伝わります。
ですが、バーナムはジェニー・リンドに対して恋愛感情で向けたわけでなく、ジェニー・リンドとなら興行を成功させられるという期待の気持ちが強かったように感じます。
しかし、まなざしを見た妻のチャリティ(ミシェル・ウィリアムズ)は恋愛感情と勘違いをしてしまいます。そのときのチャリティの表情がすごく切ないのが印象的なシーンです。
確かにバーナムのまなざしは愛しい人を見ているようにみえるので、妻なら勘違いしてしまうかもしれないですね。

あとは、このシーンが切ないのはフィリップとアン(ゼンデイヤ)もです。
手をつないでいい感じだと思われていた2人でしたが、上流階級で育ったフィリップは、その場に来ていた両親がアンに向けた視線にひるんでとっさに手を離してしまいます。ショックを受けたアンはその場から立ち去ってしまいました。
両親を目の前にしてパニックになって判断を誤ったフィリップの気持ちは理解できる部分もあります。
とはいえ、アンの気持ちを考えると切ないシーンですね。

 

フィリップの恋人にはなれない切なさをアンが表現したシーン「Rewrite The Stars」

フィリップから手を離されて深く傷ついたアンが、自分の気持ちを歌にのせて表現したシーン「Rewrite The Stars」

フィリップは白人で裕福な家庭で育ったのに対して、アンは黒人のサーカス団のメンバーと身分の違いがあります。自分には不釣り合いだと感じたアンは、恋を諦める悲しい気持ちをフィリップにむけて表現します。
フィリップもなんとかアンの気持ちを取り戻したくて「2人で運命を変えよう」と猛烈にアピールはしますが、アンのショックは大きかったようです。
アンとフィリップが空中ブランコと縄を使って、心のすれ違いを表現する情熱的なパフォーマンスは、光の加減もあいまってすごく美しいシーンです。

 

失意の底にいるバーナムを励ますサーカス団のメンバーのシーン「From Now On」

サーカス団のメンバーたちに励まされて、バーナムが大切なことに気付づく「From Now On」

映画の中でずっと元気だったバーナムのつらそうな表情から始まり、徐々に前を向いて走り出すバーナムの姿に明るい気持ちになるシーンです。
また、サーカス団のメンバーを演じたキャストの人たちはダンサーの方が多いのもあって、ダンスのかっこよさも際立っているシーンです。

 

ミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』の見どころとは?印象的なパフォーマンスシーンを5つ紹介!まとめ

いかがでしたでしょうか。  
本文をまとめますとこのようになります。 

かっこいいビートに乗せたバーナムとフィリップの駆け引きの姿が熱いシーン「The Other Side」

「This Is Me」”これが私”という力強いメッセージと魂のこもった全力のパフォーマンスが心に響く胸アツなシーン

・ジェニー・リンドの歌声の裏でチャリティやアンの女心が切ないシーン「Never Enough

・フィリップとアンの心のすれ違いを表現したシーン「Rewrite The Stars

・サーカス団メンバーたちの励ましのダンスがかっこいいシーン「From Now On

紹介した見どころのシーンに注目してみてくださいね。
それでは、記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました! 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました