『エルヴィス』映画のサントラ紹介!押さえておきたいキング・オブ・ロックンロールの神曲

映画『エルヴィス』の公開にあわせて、オリジナル・サントラが発売されました。

エルヴィス・プレスリー本人の歌唱、エルヴィス役のオースティン・バトラーの歌唱他、豪華アーティストのカバーも収録。

そんな映画サントラは、エルヴィスの曲に対する新しい解釈を味わえる話題になっています。

エルヴィスの魅力が詰まった映画サントラの中から、キング・オブ・ロックンロールの神曲を厳選して紹介します!

 

サスピシャス・マインド(Suspicious Minds)

 

神曲1曲目は、『サスピシャス・マインド』

映画サントラには、パラヴィによるカバーとエルヴィス本人が歌うヴォーカル・イントロが収録されています。

『サスピシャス・マインド』はエルヴィスの生涯最後のナンバーワン・ヒットとなった神曲。

カントリー風味の壮大なナンバーに仕上がっており、馬が進んでいくようなギター・フレーズが特徴的です。

 

バーニング・ラヴ(Burning Love)

 

神曲2曲目は、『バーニング・ラヴ』

映画サントラにはエルヴィス本人歌唱のフィルム・ミックスが収録されています。

曲名からもわかるように、『バーニング・ラヴ』はヤケドしてしまいそうなほど熱いエルヴィス会心のロックンロール曲です。

エルヴィスの軽妙なヴォーカルに思わず手拍子を打ちたくなること間違いなし!

しかしエルヴィスは『バーニング・ラヴ』のリリースを最後に亡くなっています。

 

好きにならずにいられない(Can’t Help Falling in Love)

 

神曲3曲目は、『好きにならずにいられない』

映画サントラにはケイシー・マスグレイヴスによるカバーが収録されています。

この曲はエルヴィスが主演した1961年の映画『ブルー・ハワイ』の挿入曲です。

エルヴィスの代表的なバラードである『好きにならずにいられない』。静かな前奏にエルヴィスの太く深い声が重なっていき、思わずしっとりと聴き入ってしまいます。

またこの曲はSpotifyの「世界でもっとも再生されたエルヴィスの曲ランキング」で堂々の1位を獲得しました。

 

ハウンド・ドッグ(Hound Dog)

 

神曲4曲目は、『ハウンド・ドッグ』

この曲はデジタル版の映画サントラにのみ収録されています。

CD版の映画サントラに収録されているのは、ドージャ・キャットが歌う『ヴェガス』。こちらは『ハウンド・ドッグ』をリイマジネーションした作品です。

『ハウンド・ドッグ』はもともとエルヴィスの楽曲ではなく、黒人女性ブルース・シンガー、ウィリー・メー・ビッグ・ママ・ソーントンのために書かれた曲でした。

その曲をエルヴィスがカバーしたわけですが、彼の情熱的な歌声と曲が見事にマッチし、これぞロックンロールと言える神曲です。

また、全米チャートで11週連続1位を獲得するという驚異的な記録を残しています。

 

番外編:ハートブレイク・ホテル(Heartbreak Hotel)

 

最後に紹介したい神曲が、『ハートブレイク・ホテル』

この曲は1956年にリリースされたエルヴィスのデビュー曲です。

ビートルズのメンバーを筆頭に『ハートブレイク・ホテル』に影響を受けたというミュージシャンは多く、まさにロック・シーンを代表する神曲。

この当時からすでに、エルヴィスのウォームで絡みつくような独特な歌唱が聴いてとれます。

残念ながらこの曲は映画サントラには収録されていませんが、興味がある方はCDや音楽配信サービスをチェックしてくださいね。

 

『エルヴィス』映画のサントラにはキング・オブ・ロックンロールの神曲が詰まっていた

引用:https://www.digitalmusicnews.com/2022/05/24/elvis-the-movie-soundtrack-revealed/

映画『エルヴィス』のオリジナル・サントラに収録されている曲を厳選して紹介しました。

エルヴィスが生み出した数々の名曲のカバー・バージョンを楽しむことができますよ。

またエルヴィスのデビュー曲『ハートブレイク・ホテル』は映画サントラ収録はありませんが、必聴の神曲です。

『エルヴィス』のサントラを聴いてキング・オブ・ロックンロールの神曲を味わい尽くしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました